消費者金融で借りるときの比較ポイント

消費者金融の申込み条件

基本的な条件はどの会社も同じです。
しかし、契約する上で大切な項目になるため、必ず確認しておく必要があります。

専業主婦の場合は消費者金融での申込みができないので注意が必要です。
これは、貸金業法の総量規制によって、収入額に応じた借入れ額となる事が決められているからです。
専業主婦は銀行カードローンであれば貸金業法の対象外となるため申込みができます。
ただし、配偶者の収入が安定していることが条件となります。

学生でも借りられる消費者金融では未成年はNG、20歳以上で収入のある学生のみOKです。
給料の額が少なくても、アルバイトをしていれば申込み可能ですが、仕送りのみで生活している人は申込めません。

審査

審査基準は、基本的にどの消費者金融も変わりません。
そのため、審査が甘いという宣伝をしているところは、危険な会社である可能性があります。
信頼できる会社かどうか、注意して選ぶ必要があります。

大手消費者金融であれば大手銀行の傘下で運営されているため、安心して利用する事ができます。
審査において差がでてくるのは、審査スピードです。
審査スピードが早ければ、申込んだ日のうちにお金を借りることも可能となります。

ただし、即日審査と即日融資を間違えないように気を付ける必要があります。
即日審査はその日のうちに申込みから審査まではできます。
しかし、契約まで進めないために融資まではしてもらえません。

無人契約機

無人契約機がある消費者金融の場合は、土日祝日でも即日融資に対応しているところがあります。
カードは郵送で受け取るケースが多いですが、無人契約機を使えば、その場でカードを受け取る事ができるため、即日融資が可能となっています。

銀行カードローンでも同様のサービスは実施されていますが、消費者金融と比べて無人契約機の設置数が少ないです。
消費者金融は設置数が多いことから、自宅など行動範囲内に設置されている可能性が高いため、より早く借入れができます。

金利

金利には幅がありますが、必ず上限金利を見て比較する必要があります。
下限金利に目が行きがちですが、ほとんどが上限金利での借入れとなるため、注意が必要です。
また、銀行カードローンと比較すると消費者金融の方が高い金利で設定されています。

それは、消費者金融は銀行から運営資金を借りているため、どうしても金利が高くなってしまうためです。
しかし、消費者金融の金利が高いからといって、すぐに銀行カードローンを選ぶのはおすすめできません。
最終的に消費者金融の方がお得に借りられるケースもあります。

なぜかというと、無利息期間を設けている会社があるため、期間内に完済できれば金利は0%で借りることも可能となるからです。
期間内に返す事ができない時も、完済までに払う利息を抑えられる場合があります。

無利息期間を利用しない場合と比較して、負担を抑えられる借入れ先を選ぶのがおすすめです。